2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事、退院

4月5日の夜に保護した“きぃ”
翌日から始まった入院生活でしたが、昨夜無事に退院しました
PICT11146.jpg
一先ず、2階の一部屋を“きぃ部屋”としてサークルにて生活中。

一夜明けた今日、かあちゃんが覗いてみると
PICT11144.jpg
なんと出窓部分に居たそうです

尿道の治療を優先した結果、骨盤骨折の手術はしていません。
人間だったらきっと、痛いだのなんだのって文句ばっかだろうに、
それを受け入れて生きていくってのは、凄いことだ


PICT11147.jpg
2階に誰か居るんだよなぁ~
外でニャンコに出会うと、毛を逆立てて、フガッフガッと寄って行く花
PICT11145.jpg
いったいどうなるかなぁ~って思ったら、意外や意外。
きぃよりも、きぃが歩いた後のニオイが気になるようで、
床や通った場所のニオイチェック。

一頻りチェックして、漸くきぃの傍へ。

でも、あんまり近づくときぃが“シャ~”って
それ以上、近寄るニャ~ってとこでしょうか。

[広告] VPS








スポンサーサイト

もう直ぐ帰宅

排泄の治療を優先しましたが、尿道の何処に穴が開いているか不明でした。
ただ、血液検査をすると、オシッコの成分が明らかに混ざっている数値

そんな訳で、治療と言ってもカテーテルを入れて安静にしていただけ
ま~、自然治癒を待つってわけです。
もし、それで駄目なら次の方法へ進むわけですが、
どうにか再度検査をすると、数値も下がり続けているので治ったようです。

そこで先生から電話があり、そろそろ去勢手術をするって話がありました。

昨日、病院に行き去勢手術をお願いして、その後に帰宅と話が進みました。
PICT11138.jpg
画像はカテーテルが入っているのでエリマキをしていますが、
昨日は既に外されていました。

かあちゃんは入院後も何度か会っていましたが、
とうちゃんは昨日が初めて。
実に17日振りの再会でしたが、入院した時に比べると
目に力があるってやつですかね、汚れてはいても毛艶も良い、
ニャ~ニャ~鳴いて元気になっていました

勿論、骨折は治っていないので元気に動き回るって訳にはいきませんが。

そんな訳で、ニャンコが戻って来る日は近そうです

命名 きぃ


決断

人間でもそうだけれども、同じ病気、同じケガでも人それぞれで
受けられる治療は違うと思う。
金銭の問題は勿論、他にも環境等色々あると思う。


でも、やっぱり一番の望みは、再び自分の足で地面を歩き、走ること。
当然、それには命があるってことが大前提です。

迷子ニャンコの場合、排せつに問題があります。

その問題を解決する方法を幾つか提案されましたが、
退院後も我が家で暮らすいじょう、条件が出来てしまいます。

それは、我が家では世話を出来るのはかあちゃんと、とうちゃんだけです。
そして、とうちゃんは仕事で留守にする時間が長いです。
かあちゃんにしても仕事をしているので、四六時中ニャンコに付きっきり
と言うわけにはいきません。

いまの状態で暮らしても、とても満足に世話は出来ないでしょう。

そこでかあちゃんと話し合い、先生にも相談した結果、
骨盤骨折の手術よりも、排せつの治療を優先することにしました。

どんな結果になっても、どんな判断をしたとしても、
恐らくこの先、果たしてあの時のあれでよかったのかと
思うことがあるでしょう。

でも、今は命を繋ぐこと優先することにしました


★:..。o○○゚・:,。★:..。o○○★:..。o○○゚・:,。★:..。o○○


本当は先週、お山に行く予定でした
前日に出掛けて車中泊、翌日歩く。
でも、昼過ぎに仕事から帰宅後、準備に手間取り歩きだけに変更。

夜、車に荷物を積み込んでいる時に起こった“ニャンコ騒動”
そんな訳でお山は中止

今週も病院に行ったりとで出掛けられずにいたけれど、
どうにか近場の広い公園に行けました
PICT11129.jpg

花の得意技“オヤツパックンチョ”
PICT11130.jpg



重傷でした

PICT11127.jpg
花のサークルを引っ張り出したものの、それは暫く使わないかも。

と言うのも、午前中に花の毎年一度の定例チックンに行き、
主治医の先生に事情を話したら、午後に病院で待っていてくれました。

早速、触診や問診その合間に圧迫排尿した尿を検査。
検査の結果、糖の数値が異常に高いので糖尿病の疑いが、
その結果が下半身不完全不随の症状で出ているかもとの診断。

が、診察台で立ち上がろうとしたニャンコを見て、
と、疑問符の先生。

どうも後足に異常があるような・・・・・

ハッキリさせる為にレントゲンを撮ると。

骨盤骨折でした。

なんとな~く、昨夜からの一夜だけですが様子をみていると
右の後足に何かありそうな感じではあったのですが、
外傷が全くないので、自分の思い過ごしかと思ったりしていました。

診察の結果、オス猫、推定年齢10歳超、5.6キロ、
歯の抜けもあり。

以上を踏まえて、先生は二者択一をとうちゃん、かあちゃんに言いました。

そこで、とうちゃんが思いだしたのは、昨夜電話で話をした“チビスケ母さん”の言葉。

それは、そのニャンコの状態が“花、だったら”どうするか

結局、手術するのは早いほうがいいけれど、
今の体力だと麻酔に耐えられるかすら微妙のようで、
入院して、先ずは体力回復を図ることに。


★:..。o○○゚・:,。★:..。o○○★:..。o○○゚・:,。★:..。o○○


チビスケ母さんちでは大勢のワンコ、ニャンコと暮らした花ですが
それもほんの2,3か月。
やはり、その後のニャンコ無しの生活が長いし、オマケに珍入者。
隔離しているものの、大騒ぎで興奮状態。
夜も気になるし、一回だけ急接近してしまい、とうちゃんに

でも、きっと“なんとかなるよぉ~”













迷子猫

PICT11126.jpg
お前さんはいったい何処から来たの

この騒動、簡単には終わらないで永くなりそうね気配です

取り敢えず、我が家に居候、そして花が使っていたサークル
引っ張り出しました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

花とうちゃん

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。