2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレ横ハイク

トレ横ハイクに行って来ました(なんのこっちゃ?)
で、トレ横ハイクってのはこれです

初めてトレッサ横浜に行った時は、花を連れて行っても楽しめなさそうで、
お留守番をしてもらいましたが、今回はHPを見ていると
さも、車を止めて歩いてくれと言わんばかりの
散歩コースのページがあったので、早速行ってみました。
PICT542.jpg
途中で道を間違えたけれど、引き返すのも面倒だし
大して逸れていないと歩き続け、なんとか到着

でも、車やバイクだと1キロ多くなっても大差ないけど、
歩きだと・・・・・

1時間ちょっと歩いて、昼過ぎにはトレッサで昼食の筈が、
14時過ぎになってしまった
PICT543.jpg
車検の時に寄る、四季の森公園に似ています


オマケ
PICT541.jpg
かあちゃんが台所に居る時の定位置
一応、危ない時の為に→のフェンスも付けています。




スポンサーサイト

ラスキャン おまけ

PICT540.jpg
帰宅翌日はビショ濡れのテント、タープをベランダに干し、
寝袋は一先ず、部屋に出しておいたら

寝袋って気持ちいいんだワン




ホッと


寒いけれど、ヌクヌクの季節がやってきた。

ラスキャン 番外編

ラストキャンプでの事。

から帰り、一人でラジオを聞いていると。
(花だけ残しては行けないので、交互にお風呂に行きました)

“午前中、河口湖にクマが出たって放送していました
先日、クマのことを書いたばかりで、まさかキャンプ中に数キロ先の
町中に“熊 出没!”とは

どうやら、とうちゃんが風呂に入っている時、
防災放送でも“熊 出没注意!”の放送があったと、
風呂から出てきたかあちゃんが言っていた。

とうちゃん、一人でテント泊だから、ちょっぴり不安だなぁ~って思っていたら、
寝袋に入ると同時にでした(^^ゞ
PICT539.jpg

そう言えば、大山でもクマの目撃情報が多いみたいだなぁ~



雨の中の撤収

翌朝4時頃、ポツポツとテントに当たる雨粒
あ~、やっぱり降ってきたなぁ~と思いながら

7時頃起きたものの、本降り状態。
も車から出てきて、一先ずタープの下に避難。
PICT536.jpg
本当は2泊の予定で来ていたけれども、
5月の時のような天候回復は望めそうもないので
残念ながら撤収します

撤収後は一度行ってみたいと思っていた“PICA富士西湖”の見学に
正直、見学してみて“行ってみたい度”
我が家はコテージやトレーラーハウスに泊まることはなく、
基本的に車中+テント泊。
そこで、“ドッグランテントサイト”に行ってみたのですが、
施設の一番奥だし、トイレも近くに無し、湖岸を散歩しようにも
対岸の西湖自由キャンプ場辺りと違い、岩場で

何より、区画分けされたサイトは綺麗に整地された分譲宅地のようで

キャンピカを後に、去年も行った“ドッグカフェ”に
PICT537.jpg
この後、って言うか翌日も休みを取っているし、
外は雨だし、のんびりとランチ+デザートまで
車中だと熟睡出来ないのか、終始な花。
PICT538.jpg

以上、家が近づくにつれ雨が止んできた“ラストキャンプ”でした。


ま、翌日は朝方まで降ったり止んだり、その後は寒い曇り空でしたが


止んでいるうちに・・・

雨に泣いたラストキャンプでしたが、
初日は厚い雲ながら到着から就寝までは止んでいました。
PICT532.jpg
何時ものスーパーに寄り買い出し後、何時再び降り出すかもしれないので
テントやタープを、とっとと設営
最近じゃも手慣れてきて、短時間で設営完了です
PICT533.jpg

PICT534.jpg
退屈で遊びたくてしょうがなかった花を連れて、やっとお散歩へ
PICT535.jpg
今回、富士山が見えたのはこの時の数分だけでした。
天気が良ければ去年みたいにお山も歩きたかったのですが・・・・



ラストキャンプ

今年のラストキャンプでした
PICT531.jpg


う~ん(+o+)

今朝の読売新聞に北海道 斜里の町中に出てきてしまった
2頭のクマの写真がのっていた。

写真でみると、猛獣が威嚇しながら町を闊歩している、って言うより
知らない風景に戸惑っている親子グマ に見えるのはとうちゃんだけ

結末は想像通り

今年は山の中の食べ物が少ないのか、あちこちで町中にクマが出没し
クマにしてみたら、食べ物を探し歩いていたら町に来ちゃっただけだろうに、
なんかとっても気の毒だ。

昔、北海道土産のステッカーで“熊 出没注意”のステッカーを貼っている
時々見掛けたけれど、当時はシャレの部分が強い気がしたけれど、
今じゃ本当の話だな。
PICT530.jpg

地デジ化、完了

室内でリードを付けていた訳は、アンテナ工事をしてもらっていたからでした。
基本は屋根上での作業ですが、室内でアンテナ端子からの実測作業とかもあり、
リード装着となりました
PICT529.jpg
上のでかいアンテナは既存のVHF用で4m近い高さで立てていました。
下のUHFアンテナは設置場所を探す為、仮止めで計測中です。

この前、鍋割山に行く途中通った住宅地、殆どの戸建て住宅がアンテナ工事後で
その設置の低さ、スリムなことにビックリ。

我が家もあんな感じで出来るのかなぁ~って思いましたが、
この辺り受信状況が悪いようで、若しかしたらまた高いアンテナが立つのかと
一抹の不安も

でも、実際に作業して頂き、大満足
PICT528.jpg
今までのアンテナに比べて、半分程の高さ。
しかも、スリムで“頭の上が軽くなった”感じ

そして、テレビ映りも

只、難点が一つ。
DVDの予約録画が殆ど機能しなくなりました。
我が家は地デジチューナーだけでの視聴にしたのですが、
安価なチューナーの為か、タイマー機能が無くDVDは録画設定時間が来ると
電源が入るけれど、チューナーは
で、チューナーはと言うと、電源入れっぱなしで、チャンネルを設定しておかないと

だから、出掛けている状態で別々のチャンネルの録画予約は不可なのです



凄いぞ、可夢偉!

凄いぞ“可夢偉!”って、遅すぎか

でも、凄すぎです先日のF1日本GP
録画していたF1を2回も見たのは初めての事、特に可夢偉が12位からの追い抜き
テレビを改めて見ながらも、思わず声が出てしまうほど。

マッチも言っていたけれど、本当にフェラーリにでも乗ってほしい

本人は反骨心から期待しないでほしいなんて言っているらしいが、
あんな走りを見せられたら、期待してしまいますヨ
PICT527.jpg
さて、なんで家に中なのにリード装着かって言うと、それはまた今度





奴らとの戦い

PICT521.jpg
この時、花の体についていたのは正体は“マダニ”でした。

少し前に休憩して出発しようと、ふと花を見ていると
まるで満天の星空のように花の体についているマダニ。
あっちにポツン、こっちにポツンと点々といるではないか。

こんな事もあるかと“フロントライン”を持参したのにに置き忘れた

ちょっとやそっとで取れる数じゃないので、この場はそのまま出発。

そして車に戻り“フロントライン”を一先ず垂らして出発。

後に花と乗ったかあちゃんが手掴みで一匹、また一匹と気の遠くなりそうな作業。

途中、運転を換わりとうちゃんも同じ作業。

ここで閃き、使ったのが車内に積んでいる“粘着コロコロ”
小さすぎるマダニは掴んでいるのか、掴んで外に捨てても手についていたりするけど、
粘着シートだと、ゴキブリホイホイのように取れる。

危険を感じると花の毛の中に姿を隠してしまうので
ジ~ッと見つめ、毛の表面に出てきたマダニにすかさずペタッ

このやり方でザッと200近くは捕えたのでは。

翌日になってもフロントラインの効果で弱ったマダニがチラホラ。

これからは、丹沢方面はヒルにも注意だけれどマダニも注意しなくては



鍋割山

PICT520.jpg
なんでとうちゃんが山に行くかって言うと、それは散歩の為です。
決して、登山が趣味なんじゃなくて、あくまでも花との散歩、
何時も同じコースじゃつまらないから、色々なに行くのですが、
いやぁ~今回の長距離散歩は予想以上に疲れました

こんなに疲れたのは、あの時以来か・・・

何時もなら木の高さと同じ位まで登ったり、周りに高い木が無くなるなど
景色が変わり開けてきたら大体は尾根道が近いのですが、
今回は“もうちょっとで尾根道”と何度思ったことか・・・
PICT522.jpg

PICT523.jpg
漸く開けた場所で景色も望めるようになり、花もニッコリ
PICT521.jpg
登る途中で、実はこの時、花の体に100は超えるアイツ達が・・・
PICT524.jpg
今回は調子の良かったこの尾根道に出るまで3時間
PICT525.jpg
頂上ではお目当ての“鍋焼きうどん”
980円、具沢山。
これを山頂で頂けるなんて感謝ですね。
PICT526.jpg
これにてリベンジ達成

昨年4月にチャレンジした鍋割山ですが、花のヒルによる出血で撤退してから
1年半。
今回も出血はありましたが、慌てることなく対処して無事に登頂できました


28000歩 7時間25分






鍋焼きリベンジ

鍋焼きじゃなくて、鍋割リベンジですね

去年の4月にチャレンジしたけれど、花の出血(たぶんヒルだと思うけど)
途中撤退した“鍋割山”に再チャレンジ

少し天気が心配だけれど、今度こそ頂上山荘の鍋焼きうどんを食してきます。
PICT519.jpg


拒否する道

少し前の散歩まではよく通っていた川沿いの道。
何がきっかけかは分からないけれど、行くのを拒否するようになった花。

でも、家の近所で一番近くで自然を感じることが出来る場所。
そんな訳で揃っての散歩。

リードをかあちゃんが持ち、匂いかぎ中の花を置き気味に先頭を歩くと
“アタチがまえを歩くぅ~”と言わんばかりに、拒否していた道も歩いてくれる。
PICT516.jpg

PICT517.jpg

そして歩いた先の広場でタイム。
PICT518.jpg



ちばわん “いぬ親会”

久々に手伝ってきた“いぬ親会”

第一回目と比べると、人もワンコもスタッフも随分増えましたねぇ~
一回目はテントの種類もバラバラ、スタッフも一度見たら、
なんとなく顔を覚えられそうな人数でした。

でも、3年近く経った今回は、綺麗に揃ったテントの数も増え、
スタッフも顔の分からない方が殆どでした。

そして何より参加ワンコも増えましたねぇ~、
でも、会の趣旨としては参加ワンコは減るほうが望ましいのだけれども
PICT514.jpg

PICT515.jpg
会が始まる前にがてら海岸の散歩へ





田舎は山奥でした

行って来ました、600km超のドライブ(?)に

最近出来た、伊勢湾&新名神経由で行く予定が事前調査の通り
途中の交通情報で四日市付近で渋滞の案内。
近づくにつれて渋滞も伸びているようなので、名神経由に変更。

これが車は増えたけれども、京都も宝塚も渋滞は無し

気持ち的にはアッと言う間に西宮まで来た感じ。
それでも4時半頃に出発したので、7時間は走っているけれど、
順調過ぎて殆ど疲れずに、目的地の但馬に到着
PICT509.jpg

16時からチェックインが14時頃に着いたので、近くの道の駅で暇つぶし。
15時になり、部屋に入れないまでもロビーで待てばいいと思い施設に行ったが、
16時までカギが閉まっていた
PICT508.jpg
夜は施設内のレストラン“但馬牛”

翌日、とうちゃんは20年以上振りに会う親戚の家へ。
親戚の叔父は84、とうちゃんの父親は74歳。
久し振りの再会に会話が弾むって程の年齢でもなく、適度に昔話をした後は
但馬ドライブ。

とうちゃんと二人で周るつもりでいたら、いとこが運転をしてくれて
計4人で周ることに。
PICT511.jpg
右が叔父で左がじいちゃん。
叔父は現役の頃、悪い人を捕まえる仕事をしていましたが、
小学生や幼稚園の頃、遊びに行った時はいつも怖い叔父さんの印象が、
それも今では穏やかそうな顔つきになっていた。
PICT510.jpg
新しく出来た“但馬大仏”へ。
しかし、こんな山奥に凄いものを造ったもんだ
PICT512.jpg
ま、ドライブと言っても行楽地に行く訳でもなく、
思い出巡りって感じで、ハチブセ高原や神鍋に行き何故か但馬空港にも

2泊なんて、アッと言う間。
帰りは新しく出来た道や、新名神経由で帰ってきたら行きよりも50~60kmは
距離が短くなった。
PICT513.jpg
浜名湖SAで






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

花とうちゃん

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。